ストレート・ブロック・イン

チュラポではある程度のレベルになった生徒さんにはブロックインで形を取ることを推奨していますが今回はストレート・ブロック・インというものをご紹介します。というのも僕自身もっと形の精度を上げたかったので何か良い方法は物色していました。形はできるだけ正確に取れた方がいいですよ。トーンも色も乗りやすく、描きやすくなります。ビギナーが上達のためにまずすることは形の精度を上げること。

通常ブロックインと言うと形の変わり目で傾きを測り外形と内部の面を構築していく描き方です。

auto_ACTL22.JPG



これに対してストレート・ブロック・インは水平垂直を基準にしたアプローチです。サンプル描いたのでご覧ください。

画像の説明

わかりやすく耳を描きました。
基準になりそうなポイントで水平垂直を取ります。その水平垂直からどれだけ傾いているかを見ながら描くのがストレート・ブロック・インです。定規を使ってでも正しい水平垂直を身に付けさせる指導をしているのはこのためです。無駄な線がなくなってよりシンプルに形を取っている感覚がありました。

1枚ではわかりにくいのでもう2枚。足と目の石膏像です。

auto_7KBSc2.png

auto_erwyld.png

けっこう調子良かったです。今までストレート・ブロック・インをしている意識はありませんでしたが水平垂直をチェックするのは常識なので自然やっていたことです。

ストレート・ブロック・インは趣味レベルの人は別に身に付けなくてもいいかなと思います。人並み以上に描きたい人だけトライしてみてください。

○より高いレベルを望む方へ
難しい記事を書くと眠くなってしまうかもしれません。ただ上手くなりたい人はどうにか理解しようと何回も読み返しているかもしれません。その差は日に日に開いていきます。将来的に絵は独学になりますが新しい知識や技術を手に入れるには難しい本を読まないといけません。そこで自分で考えて答えを見つける自己解決能力はとても大切です。これができないと一生誰かに学ばなければいけないことになりますから。

年末休みに入りました。研究したいことがたくさんありすぎて時間が足りない。興味、好奇心。その研究の一つ一つがやがて大きな塊になって自分の絵に跳ね返ってくるのが楽しみです。

コメント


認証コード7436

コメントは管理者の承認後に表示されます。