木炭デッサンはおススメです!

日本では鉛筆の方がはるかにデッサン用画材として使われていると思います。
なんとなく小さい頃からの馴染みがあり、親近感があるのでしょう。
しかしデッサンで使うとなると話は変わってきます。
鉛筆デッサンはハッチングでトーンをつけていきますが、精度の高い線を引けるようになるにはけっこう経験がいるものです。
その点、木炭ではトーンを擦り込んでいくので非常にシンプルです。より観察することに集中できます。
(Photo:Artium Peña 2012)

画像の説明



木炭デッサンのメリットを列挙します。
・面で描く
線ではなく面で構成していくので、筆(ペインティング)に持ち替えたとき共通点が多いです。
※モノクロの木炭デッサンに色が付いたものがほぼペインティング(巨匠の絵をモノクロコピーすると理解できると思います)

鉛筆と筆では感覚が離れすぎているため、再度「筆で面を塗りトーンをつける」ということに慣れる必要がある。
将来的に油彩や水彩などのペインティングも視野に入れているのでしたら、鉛筆デッサンより木炭デッサンの方がはるかに効率的だと思います。

・仕上げまで早い
木炭デッサンは鉛筆で細かくハッチングをかけていくより早く仕上げられます。つまり上達するための枚数をこなしやすいということです。
特に美大受験生ならまだしも、社会人や主婦の方は限られた時間の中でなるべく手短に上達したいところです。

・曖昧な輪郭線を受け入れる感覚が身に付く
鉛筆デッサンは線で描くものと頭にこびりついてます。見ている景色全てがくっきり線で区切られていたら目が疲れてしまいます。
「エッジの処理」の項で紹介しましたがぼんやりした境界線もたくさんあります。曖昧に見えるモノの中にも美しいものはたくさんあります。

デメリットは特にありませんが、強いて言うなら手と鼻の中が汚れるぐらいですか。絵が好きならデメリットになりませんよね(笑)

木炭デッサンの道具

ここでは教室で推奨しているものだけあげます。
・スポンジ
これは優しく木炭を紙に広くのせるような感覚で使います。
・フェルト
通常、ガーゼが用いられところですがよりしっかり紙の目に擦り込めます。しっとりと紙に定着することで木炭の美しさが出ます。

・セーム皮
洗車のときに使われる布です。天然のものでないと機能しません。これは練り消し、パンの代用です。私は食パンを使いません。食パンは油を含んでいて紙に付着すると木炭ののりが悪くなるので当教室では使いません。もっと言うと指、手のひらは油があるのでよくありません。手使うなら手の甲のサイドを使いましょう。興味のある方は色々試してみてください。

画像の説明

・鉛筆状の消しゴム
硬いものがいいです。セーム皮でけっこういいところまで消せるので終盤で使います。
・メス
私は消しゴムをあまり使いません。カスが出るので嫌なんです。(笑)
メスはハイライトや明るい明部で紙の白を復活させるために少し表面を削るために使います。



「無料体験で鉛筆使わせといて!」と言われてしまいそうですが、絵を始めるにあたって鉛筆の親近感は捨て難いです。
今回長い文章でズラズラ書いてしましたが、クラスではデモンストレーションも交えて説明しますので是非木炭デッサンを楽しんでみてください!

コメント

  • フェルトについて教えてください!

    拝見していてフェルトに興味がわき、是非使いたいのですがオススメの商品、もしくは形状等教えていただけませんでしょうか。よろしくお願いします。


  • Re: フェルトについて教えてください!

    お読み頂きありがとうございます。
    フェルトは普通のものでかまいません。生地屋さんなどで売っている裁縫用のものを教室では使っています。
    使い方のコツはムラなく均一になるように木炭を擦り込むといいと思います。さらに濃くしたい場合はこれを繰り返します。単純ですがこういった小さなことを丁寧にやることで木炭の黒が輝き出すように感じます。
    以上、ご参考になればと思います。


  • ありがとうございます!

    丁寧なご回答ありがとうございます!早速やってみたいと思います



認証コード5506

コメントは管理者の承認後に表示されます。