ヌードクロッキーは苦しい修行!?

ヌードクロッキーは絵を始めたばかりの人には過酷ですよね。
上手く形は取れないし、お化けみたいな人物になる。。。
辛いのもお察しします。

クロッキーは枚数勝負なのでめげずにやり続けるしかないです。
特に形やその他純粋に上手い人物を描くにはそれこそ毎日描くぐらいでないとまず無理でしょう。趣味レベルの人ではなかなか到達できません。
上手く描けないことに執着すると多分クロッキーもやめてしまうのではないでしょうか。

しかしここで待ったです!
反対に上手く描けないなら描けないなりの楽しみ方があります。
クロッキーの楽しみは上手く描くだけではありません。
上手く描けなくてもいいじゃないですか。
感じる心を養うのもクロッキーの大切な要素です。
モデルさんは人形ではありません。意思を持った人間です。
ときには形を正確に取ることを犠牲にしてでもその生気、活気を描き手はとらえにいってはどうでしょう。

絵は心が動いてから描くものですよね。
上手くなりたいという目標は素晴らしいですが心のドアを全開にして描きましょう。
心の解放の仕方を学べることは普段落ち着いて描くときにも必ず活きてきます。
「上手くは描けているが何かが足りない」
このパターン多いですがきっとまだ描き手の意思が絵に充分に注入されていないのかもしれません。
心が半分開きになっていたりして。。。

クロッキーのアプローチは様々で画材も色々です。
スペインでは本当にたくさんの面白い絵を観ました。
楽しい→もっと描きたい→枚数増える→上達する
とてもいい循環ですね!ここを目指しましょう!
楽しくクロッキーをしてもらおうとサンプルをちょくちょく描いています。
どうやって描いたか、どこから描いたかすら覚えていません。
心が解放されていてそれどころではないので。。。

s_apuntes_1.JPG


コメント


認証コード3769

コメントは管理者の承認後に表示されます。