顔の描き方について

人物画好きな人は多いですよね。
できれば本物の人のような存在がある人物画を描きたいものです。
教室でもそろそろ人体含め人物画についての幅を広げていこうと模索しているところです。
テキスト作成のためにサンプルを描いてみました。

auto_qHPr1B.JPG



ここで詳細を説明すると会員さんに悪いので省略しますが頭部を描くときにはある程度の法則があります。その法則でよほど個性的な顔でもない限り対応できると思います。

ちまたには色々な本が売っていますね。
顔のパーツのプロポーションや表情の描き方など。
上手く描けるようになっても生きているような人物画を描くためにはあまり意味がないように思います。
そっくりなんだけどイマイチ生気を感じない。
ここが一番難しいところではないでしょうか。

人物画はアカデミック絵画の最終科目です。会員さんが上達してきているのでどんどんいきますよー!
CHULAPOは日本で気鋭のアーティスト集団を目指します。
目標は高く、志も高く。前へ前へ!

コメント


認証コード0469

コメントは管理者の承認後に表示されます。