非日常を楽しみましょう!

普通に生活していると色々なシガラミがありますよね。
「こういう空気の人のときにはこう言った方がいい」とか「この人にこれ言ったら気分を悪くするかな」とか。。。
ご自分のことでも「本当はこうしたいけどこっちの方が正しいかな」など本音を隠したチョイスをしている場合が多いです。

人間には自己防衛本能が備わっているらしくコイツが厄介なんです。
夜の暗い路地はなんとなく怖いですよね。自己防衛本能が働いて危険を察知してくれます。とても役に立つ機能です。
ただ不必要なときにも機能してしまうから本当の自分を制御してしまうこともあります。

絵に話を戻さないと。

解放していいときでもなんとなく遠慮して描いてしまう。。。
失敗を必要以上に怖がってしまう。。。

いつも同じような技法で同じような画題を描く人もいます。
本人が心底楽しんでいればいいのですが私は感情の赴くまま七変化していく画家さんを尊敬しています。
生活できなくなるリスクを負ってまで自分を表現するのですから生き様を感じます。

「水彩とはこういう絵のことだ」「油彩はこう描かないと」
???
そんなルールありますか?
絵を描くときは頭のチップを入れ替えましょう!
会社を出たらアーティストに。家事を終えたらアーティストに。勉強が終わったらアーティストに。
絵は自由なフィールドです。自分を解放して非日常を体感しましょう。
そこにはなんのシガラミもありません。

コメント


認証コード0618

コメントは管理者の承認後に表示されます。