ただデッサンするだけでは上手くなりませんよ!

「デッサンすれば上手くなる」と思い込んでいませんか。
残念ながらただ置かれたモチーフを漠然と描いていてもそんなに上達しません。

スピードの差はあれ上手くなるために才能は必要ないと考えています。
上手くなるためには理解力が大切です。これは年齢とは関係ないようです。
教室にも年配の方がいらっしゃいますがしっかり上達しています。

この差はどこにあるのでしょうか。
自主性です。
物を自分から観察する態度にならないとなかなか深いものが見えてきません。
「なぜ色を使わずモノクロでデッサンをしないといけないのか」
「ここの線はぼかして描いたけどこれでいいのだろうか」
「なぜ形が狂って見えるのか」など…
考えましょう。考えて自分なりに答えを探しましょう。
わからなかったらわかりそうな人に聞いてみましょう。
一番良くないのが「わからないからまぁいいや!」「難しそうだからいいや」で済ませてしまうことです。
好きで描いてるのにこれで「上手くなりたいんです!」はなしですよね。

指導者が指示するモチーフをなんとなく描いていても多くを学べません。
教室では「次に何を描きたいか」「何で描きたいか」を聞くようにしています。
これは目的意識を持って取り組む意識を持ってほしいとのことからです。
日本の教育は受け身なのでここから変えてもらいたいと思います。

アーティスト、モノ作りする人は受け身ではいけませんよね。
イチからオリジナルのものを作るにはエネルギーが要ります。
心の奥の方から溢れ出るその感情を絵にするにはやはり自主性が大切になります。

どんどん自分から動きましょう!
そしてより多くのことを学びましょう!!

コメント


認証コード8835

コメントは管理者の承認後に表示されます。