ワークショップについて

今年の春から通常クラスとは別にワークショップを開催してきました。
当初正直なところ上手くできるか不安でしたが、おかげ様でたくさんの会員様に参加して頂いています。
通常クラスでは指導が断片的になりやすい部分があり、そこを補ってよりスピーディーに上達してもらいたいとのことから始めました。

上達でつまずくところはだいたい皆さん同じようなところです。
ワークショップではその辺を集中的に攻略していきます。
皆さんがつまずくところは私自身も通った道であり、そのもどかしさはわかっているつもりです。
悩んで調べたり、悩んでもわからないときはとにかくがむしゃらに描いてそのヒントを少しでも掴もうともがいた経験があります。

いつも的を得たようなアドバイスはすぐにもらえるとは限りません。
しかしワークショップではその的を狙って内容を工夫しています。
少なくてもヒントになるようなことをお伝えできればと思います。

皆さんお忙しい中で通常クラスに来られます。
楽しく描かれているときに指導で手を止めてしまう申し訳なさとしっかり指導して上達してほしいとのジレンマとでいつも戦っています。

余談ですが、指導しないのも指導だと最近思います。
ご自分なりに考えて描いてみる。描いた絵を見てまた考える。
これをやらないと指導された内容もスッと入ってこないのではないでしょうか。
見ている私は助け舟を出したいときも状況次第では我慢しています。

ワークショップではレクチャーとエクササイズがメインなので思いっきり指導できて嬉しいです。
どんどん上手になって表現の幅を広げてください。
ご自分の表現をより具現化できることは本当に素敵なことです。

コメント


認証コード4159

コメントは管理者の承認後に表示されます。