ペンとインクでスケッチ!

真夏に季節外れなお話ですが皆さん野外スケッチではどの画材を使っていますか?
透明水彩が一般的でしょうか。
水彩色鉛筆もよく聞きますね。水筆でサラッと色をつけてきれいです。
もちろん鉛筆で描いても楽しいですよね。

今回ご紹介する描き方はペン+インクでの彩色です。
個人的に油性ペンは匂いが嫌いなので水性派です。彩色する前提なので耐水性は譲れません。

auto_lbrjYH.JPG

サンプルで描いてみました。

Step1. 簡単な鉛筆の下描き

Step2. ペンで輪郭とカゲをつける

Step3. インクで彩色
セピア色のインクを薄めてトーンコントロールしながら画面を作っていきます。
ドリッピング(たらし込み)などのアドリブも加えて変化を持たせています。

Step4. ペンで最終仕上げ
仕上げにペンで再度微調整して完成です。特に焦点はしっかり描き込みましょう!



スケッチは短時間で描くので細かいところまでは無理だと割り切った方がストレスなく楽しめます。短時間だからこそ個性が出て楽しい絵にもなります。
みんながみんな写真みたいな絵ではつまらないですよね。笑

スケッチのコツは焦点をしっかり定めることです。
描いている途中あっちこっちに変更したらダメですよー!
ここと決めた焦点はフィニッシュまで貫きましょう!
あと欲張りすぎもよくないです。
なんと言っても短時間ですから中途半端に描きすぎるとどこ観ていいのかわからない絵になります。

スケッチなのであまり頭でっかちになるとよくありませんね。
とにかく楽しくたくさん描きましょう!
そして秋を待ちましょう!

コメント


認証コード7199

コメントは管理者の承認後に表示されます。