カテゴリ:色

グレーって何色?

一般的にグレーと言うと黒を薄めた色をイメージしますよね。
絵を描くときはそれはあまりよくない概念です。

色を持った濁った色もグレーという認識がないと原色ばかりのウイウイシイ(笑)絵になってしまいますね。

私はもともと渋めの色が好きなのでグレーを楽しんでいます。
最近はそうでもありませんが原色っぽい色を使うのが前はなぜか恥ずかしかったです。

色には温度と重さがあります。
今回は重さについてお話しますが色は濁るほど軽くなる傾向にあります。
写真でもカラーとモノクロでは重さが違うのをイメージしてもらえるとわかるかもしれません。

マンセル色立体の無彩色ゾーン(白と黒のグレースケールの真ん中にある芯棒)周辺をぐるぐる回りながら混色しているので私の絵に色がないと感じることも知っています。
そう理解されることは非常に悲しく思いますがわかってくれる方だけでいいと割り切っています。
微妙に赤、微妙に緑など小さな色の変化を与えながら絵具をこねています。
あたかもデッサンのように思うかもしれませんがこれがグレーの色だと思っています。

ものすごく濁った黄色もグレーです。黒に青を少し混ぜただけでもグレーです。
マンセル色立体を縦横無尽に走りましょう!
グレーを上手に使うことで絵の中にある鮮やかな色が生きてきます。
原色ばかり並べてもどれがきれいな色なのかわかりません。
チューブから出した最高彩度の色を活かすにはグレーの使い方がカギです。

ドレスも原色から離れた色の方が洗練されていて美しいものです。

コメント


認証コード8433

コメントは管理者の承認後に表示されます。