絵具は流れますよー!

透明水彩は基本的に紙の上から塗りますよね。
塗った部分は重力で下に流れていきます。なので下から上へ塗るのはかなり都合が悪いことになります。例えるなら下りエスカレーターを頑張って上ろうとしているようなものです。

上から下へ水が流れるのです。ということは絵具も一緒に流れます。
不必要に絵具を筆に含ませると塗りたいところから下に流れていってしまうのです。
で、塗りたかった下の方のエッジ近辺に絵具がたまる。。。
けっこう多いパターンだと思います。

私は左手にいつもティッシュを持っていて筆に含まれすぎた絵具の量を調節しています。
結露を拭き取るような吸収性の良いスポンジも売っているのでそれでもいいです。

適当な量を含んだ筆で塗ることが大切です。特に濃く塗る(トーンの低いところ)ときは絵具を留めるような意識で塗ってください。

透明水彩を描くときは紙の傾き加減を30°から45°ぐらいにすると丁度いいですね。水平イーゼルがあれば言うことないですが、テーブルで描くときは何か下に台を置くだけで充分です。

コメント


認証コード7818

コメントは管理者の承認後に表示されます。