竹ペンで遊びましょう!

今回は遊び心のある線が引ける竹ペンと透明水彩で描いてみたいと思います。

画像の説明

手順を紹介します。
1. 鉛筆で下描きする
インクは消えないので鉛筆で下描きした方が無難でしょう。
2. 竹ペンで形を取り、シャドウを加える
鉛筆の下描きを参考に竹ペンで輪郭を取ります。さらにシャドウをハッチングで暗くします。遊びの線で雰囲気も出しましょう。
3. 透明水彩で色を塗る
シャドウは竹ペンのハッチングでトーンが下がっているのでそれほど気にしなくても大丈夫です。それより明部のボリューム表現に集中しましょう。明るいところは紙が濡れているときにティッシュで拭い去っています。ハイライトは不透明水彩の白を使いました。
4. 再度竹ペンで微調整
透明水彩で弱まってしまったペンの部分や形を整えて完成です。



竹ペンならでは!?
上のサンプルではわざとイラスト風のタッチにしています。竹ペンは製図ペンのように均一な線を引くことには向いていません。その分ユーモアのある線が引けるので楽しんでください。
形を取ったりする線以外に画面に雰囲気を出す線を加えても味が出ます。

画像の説明

画像の説明

画像の説明



マザーカラーとは!?
モチーフを個別にきっちり塗り分けていくと取って付けたような印象になってしまいます。
マザーカラーとは絵の主軸になる色のことです。サンプルでは始めに薄い紫で全体を塗っています。輪郭線も気にせず大胆に塗りました。これにより画面に統一感が出ます。
ペンで下描きする最大のメリットは色がはみ出ても絵が壊れないことです。線がサポートしてくれるので透明水彩では色だけに集中できます。

コメント


認証コード0869

コメントは管理者の承認後に表示されます。